斧投げバー!フランチャイズ加盟店募集中!!

アメリカで流行中!斧投げバーの
FCオーナー様を数社限定で募集中!

【AXE THROWING BARとは?】
THE AXE THROWING BARは、ダーツバーのような感覚でお酒とフィンガーフードを片手に、アメリカを中心に流行中の新種のスポーツ”AXE THROWING(斧投げ)”を楽しむことができる、スポーツBARとなります。
アメリカでは既に、500店舗以上のAXE THROWING BAR が存在しており、競技人口の増加に伴い、コロナ禍ではあるものの、現在進行形で店舗数が増加中です。

THE AXE THROWING BAR ロゴ

【FC加盟のメリット】

メリット
「先行者利益が享受できる!」

AXE THROWINGは2018年より、スポーツ専門チャンネルESPNで放送され、急激的に店舗数、規模が拡大中。
一方で日本では弊社サービスの2店舗のみとなっており、先行者利益を享受するなら「今」のタイミングがベスト!

2018年世界選手権からESPNで放送開始

メリット②
「リピート率が高い!」

AXE THROWINGは「斧を投げる」という普段できない「非日常性(エンタメ)」としての価値と、得点を競い合うことができる「スポーツ」としての価値、これら2つの価値を共存させているエンタメスポーツ。
友人や恋人とイベントで利用したり、趣味として楽しんだり、大会で優勝するためにとにかく練習に励んだりと、利用用途は様々で、一回限りの利用で終わることなく、何度も利用したくなる中毒性がある。
弊社では、独自のリピート施策を実施しており、ロイヤルカスタマーの育成のノウハウが確立しています。


メリット③
「収益性が高い!」

AXE THROWINGのサービス利用料以外にも、飲食、シーシャ、その他大会等のイベントなどからの複数の収入があり、相互集客を生み出すとともに、時間帯、年齢層を問わないビジネスモデルを実現しています。
また、原価率が低く、オペレーションを効率化させているため、高い利益率を誇ります。
*具体的な数値は面談時にお伝えします。


メリット④・
「日本協会からのサポート!」

未経験でもOK!
日本協会監修のスタッフが丁寧にサポートします!

一般社団法人日本アックススローイング協会とは?

一般社団法人日本アックススローイング協会 ロゴ

一般社団法人日本アックススローイング協会(本社:東京都新宿区、代表理事:河東誠) は、2021年1月25日に設立されました。
「AXE THROWINGというスポーツを通じて、人と人とのコミュニケーションを創出・活発化させ、世界中の人たちのLifestyleをハッピーにしていくこと。」をMISSIONに掲げています。
さらに、AXE THROWINGを「夏季オリンピック競技」にすることを目標に活動を行なっており、今後は世界を焦点に合わせつつ、AXE THROWINGを安全に楽しく競技できるインフラを構築することを目指します。

協会サポート①

定期的な公式大会開催!

日本大会から、地区大会など大小様々な大会を開催し、店舗間の繋がりを作るとともに、競技人口の増加を図る

協会サポート②

協会の競技用品販売!

協会公式のオリジナル斧、アパレルなどの商品を加盟店様、利用者に販売し、収益性向上とコスト削減を図る!

協会サポート③

斧投げノウハウを伝授!

協会認定のコーチが加盟店様のスタッフにAXE THROWINGのルール、投げ方など、様々なノウハウを伝授!

詳細は下記のお問い合わせへ!

【開業までの流れ】

1 – お問合せ
下記のお問合せフォームよりご連絡ください。

2 – オーナー様面談・審査 *面談は複数回実施
店舗開業までの流れをご説明します。

3 – 加盟契約
加盟金をお振込み頂き、入金確認できましたら加盟契約を締結させて頂きます。

4 – 店舗物件の開発
立地条件にあった物件をお探しください。

5- 出店契約
本部立地可否を確認し、賃貸借契約をオーナー様に行なって頂きます。

6 – 店舗研修
店舗代表者様に研修を受けて頂きます。

7 – 開業
オーナー様からの要請に応じて本部からのサポートがあり、安心して開業ができます。

代表取締役CEOの紹介

河東誠 / Kato Makoto.
株式会社BrickWall / 代表取締役CEO.
一般社団法人日本アックススローイング協会 / 代表理事

1994年7月11日生まれ。愛知県岡崎市出身。
高校卒業までバスケットボール一筋。
大学進学後は母子家庭ということもあり経済的な理由で大好きなバスケットボールを断念。バスケットボールに代わる”何か”を模索する中で、3つの人生目標を策定し、それら目標を達成するための手段としてビジネスに興味関心を持つ。
そこで、容量が少ないのにも関わらず、高単価で売れているエナジードリンクにワクワクを感じ、外資系飲料メーカーのMonster Energy Japanでマーケティングのインターンシップを行う。また大学4年時に1年間休学を取得し、フィリピンに3ヶ月間の語学留学をしたのち、6ヶ月間ベトナムのスタートアップ企業のハノイ営業拠点の立ち上げにインターンとして参画する。帰国後は、学生起業家を輩出するための起業家セミナー”WILLFU STARTUP ACADEMY”にて、人材紹介事業と不用品回収事業の立ち上げを行い、起業ノウハウを体得する。
大学卒業後は、アドテク領域のIT企業MicroAdに新卒入社し、新規開拓の法人営業に邁進する。
その後、2019年1月25日に株式会社BrickWallを設立し、物が壊せる”BREAK ROOM”、落書きし放題”FREE ART WALL”、斧投げ”AXE THROWING”などの日本初上陸のサービスを次々と立ち上げる。そして、2021年1月25日に一般社団法人日本アックススローイング協会を設立し、代表理事に就任する。
過去メディア露出は、TV100以上、インフルエンサー100組以上、その他WEBメディア、雑誌、ラジオと多数のメディアから取材を受ける。

【代表メッセージ】

当ページをご覧いただきまして、誠にありがとございます。我々は「ワクワクで、人類をつなぐ。」というMISSIONを達成するために日々、事業活動に邁進しております。
AXE THROWING(斧投げ)は、”斧を投げる”という行為そのものに非日常としての価値があり、他面、”得点を競い合う”といったスポーツとしての価値も兼ね備えている、まさに新進気鋭のエンターテイメントスポーツとなります。
つまり、AXE THROWINGは“エンタメ(非日常) x スポーツ”の二項動態を武器に、”爽快感を得たい“、”ワクワクしたい“、”誰かと競争したい“、“熱中したい”などの人間の根源的な欲求を満たすことができます。
これらは世界人類に普遍的に存在する欲求であると認識しており、すなわち、AXE THROWINGには世界中に普及させることができる素地を十分に携えていると捉えております。
そこで我々は、このAXE THROWINGをフランチャイズ展開することで、出店スピードの最大化を図りながら、VISIONに共鳴してくれる仲間を集め、AXE THROWINGの競技人口を増やしていき、最終的には夏季オリンピック競技にしていくことを目標に活動しております。
AXE THEROWINGの可能性とVISIONにワクワクしていただける、個人、法人の方はぜひ一緒に実現させましょう!
そのために弊社はFC本部として、加盟店様を誠心誠意サポートして参ります!

少しでもご興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

取材実績

【FC加盟のお問い合わせ】

加盟を考えられている方、個別のご相談で、詳しいご説明を差し上げます。
ご不明点もお気軽にお問い合わせください。

    会社紹介

    株式会社BrickWallは「ワクワクで、人類をつなぐ。」をMISSIONに掲げたスタートアップ企業です。

    会社名:株式会社BrickWall
    設立:2019年1月25日
    代表取締役社長: 河東 誠
    所在地:東京都新宿区新宿7-26-7 ビクセル新宿1F
    事業内容:アミューズメント事業、飲食事業

    Web予約24時間受付中!予約する ページトップへ戻る